地球をハートのピンク色で染め上げよう!

マイ Go! Greenのブログ」を読んで、全国の皆様が投稿してくれましたので、ご紹介します。 


 ペンネーム東京の Keep Tree Forever さんより


"陽光桜"という桜をご存知でしょうか?

愛媛県東温市の高岡正明さん(2001年 92歳で没) が『二度と戦争を起こさせないために』という想いで異種交配して作り上げた『桜の女王』『希望の桜』と言われている桜です。

~陽光桜~ 愛のシャワーが降りそそぐ FORCE OF LOVE」という書籍より、一部抜粋してご紹介します。


陽光桜開発者の高岡正明さんは、戦時中に青年学校で務めていた非戦主義者の教師でしたが、大戦下の状況の中、何人もの生徒を戦地へと送り出しました。出征を控えた教え子たちに「お国のために戦い、必ず生きて帰って来い。そして、またこの桜の木の下で会おう。」と語り、送り出しましたが、帰国したのは、送り出した半数以下でした。

戦後、自責の念にかられた正明さんは、「桜を作ろう!」と決意します。

「灼熱のインドシナ半島で死んだ子、極寒のシベリアで亡くなった子、みんなを供養するためにどんな気候の国でも花を咲かせる新しい桜を。生徒のためだけではなく、みじめな戦争を、どの国も戦争を止めなければいけない。世界中に大きな花を咲かせる桜を植え、平和の尊さを伝え、地球を笑顔いっぱいの愛の楽園にしよう。」と。


色は濃いピンク色。樹勢が強く、樹齢も長く、害虫に強い桜。

世界各地に適応する桜、人々の魂を癒す桜。

全国から様々な苗木を取り寄せ異種交配を繰り返し、理想の桜を求め、気が遠くなりそうな作業を30年間に渡って続けました。1979年の春、ついに求めていた桜が誕生しました。

「太陽の光のように天地に恵みを与え、世界を平和にする桜」という意味をこめ、この桜を『陽光』と命名しました。

「陽光桜を世界に植えて、地球を楽園にするんじゃ。この美しい花園を見たら、人類は争う気持ちにはならん。」正明さんは「伯方の塩業株式会社」の初代社長を務めながら造園業を営み、桜の開発と同時に様々な思索を日々、書き綴り、冊子を作り、日本の礎を築く人たちへ送りました。

「人類が心を合わせて世界の軍備を最小限にし、人類の独善主義を改める事。地球の砂漠化を緑化で食い止め、食料生産地を増やし、健康に良い作物を作り、美しい花木を開発する」

「美しい母なる地球を大切にすることを決して忘れてはいけない」

「人類は太陽系を中心とする宇宙の恵みによって活かされている。人類はすべて宇宙の縮体であり、王族・貴族・貧富・男女の差別なく、等しく宇宙の子である。今、地球上に存在する大自然と生きとし生けるもの全ては尊い神仏の化身である。そして、大自然に宿る恵みと共生の精神こそが世界平和建設の基礎である」等々。

彼は言葉だけでなく、行動によって自分のビジョンを実現し、自分の使命を果たしました。戦争の醜さ、みじめさ、その苦しさを味わったひとりの日本人が人生のすべてをかけて、世界に放った本気の愛のエネルギーは今、『希望の桜』となって、地球の各地で開花しています。

***********

~陽光桜植樹地域~ 現在、世界に5万本。

<世界> 13カ国

<日本> 14都府県(ex.東京都:新宿御苑・小金井公園・外務省等)

***********


関心を持った人達で、ご縁のあるところに植樹できたら嬉しいなと思っています。

*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆

「マイ Go! Green」では皆さんの環境を守るための取り組みを募集しています。個人で行っている環境に優しい行いをこちらまでお寄せ下さい。(写真がある場合の送り先は、別途ご連絡いたします)

☆環境保護に繋がりそうな行動をしたら、自分のSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタ等)にアップして世界中の人に環境保護の輪を広げましょう!

そのときのハッシュタグは以下のものをコピペして使用すると、多くの人に発信して繋がれます。

#servetheplanet #protecttheplanet #goグリーン #環境保護 #自然保護

☆7月25日~26日にインドで行われる「ゴー!グリーン大会2018」に参加しませんか? 参加要項はこちらです。

0コメント

  • 1000 / 1000