マイ Go! Green パート19

ひとりからでも出来る環境保護活動の提案として、1つずつご紹介しています。

本日のマイ Go! Green

☆地元での正しい捨て方を学び、ごみをしっかり分別し、リサイクルできるものはリサイクルしよう☆

皆さんは自分の住んでいる地域のごみの捨て方をご存知ですか?

筆者の地元では火・土が「燃えるごみ」、水が「プラスチックごみ」、金が「ビン・缶・ペットボトル」、第2・4土が「紙の資源回収日」です。

・・・では金属や布や電池は何曜日?

と言われると、、、

「うーん、確か『金属は燃えるごみの日にわかるように出す』だけど、『布』は地区センターの資源回収ボックスに持って行くとリサイクルされるんだっけ・・・?『電池』は火曜日で合ってたかな?」

とかなり記憶がおぼろ気です。

捨てる曜日があいまいなものは、誰か出している人がいる時に「ああ、うちにもそのごみがあった」と慌てて追加する始末で、日ごろしっかり意識して分別してはいませんでした。


しかし先日、ごみを34分別して資源化しているという、とある小さな町に、世界中から学生や、メディア、行政の担当者が学びに訪れているという話がテレビ番組で取り上げられていました。それは徳島県の上勝町という人口1500人余りの小さな町で、「ゼロ・ウェイスト」という全くごみが出ない循環型の社会を目指している町のごみ再資源化の在り方に、人々が関心を寄せて、年間で町の人口を上回るほどたくさんの人が学びに来ているというのです。


//////////

「未来の子どもたちにきれいな空気やおいしい水、豊かな大地を継承するため、2020年までに上勝町のごみをゼロにすることを決意し、上勝町ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)を宣言します。

1 地球を汚さない人づくりに努めます。

2 ごみの再利用・再資源化を進め、2020年までに焼却・埋め立て処分をなくす最善の努力をします。

3 地球環境をよくするため、世界中に多くの仲間をつくります!」

//////////


これは上勝町のホームページに載せられている「ゼロ・ウェイスト宣言」です。


「ごみを何パーセント減らします」ではなく、「ごみをゼロにする」ってすごい目標ではないでしょうか?

これを読んで、なんて最先端でカッコいい考え方をするステキな町なんだろうと感心してしまいました。

上勝町のごみはこちらの通り34分別されており、テレビ番組の中で小さな子どもや地元の人たちが、割り箸まで分別し、ゴミステーションにある割り箸用のリサイクルボックスまで捨てに来ていました。


動画「上勝ピンポイント ゴミ34分別10年のあとさき」

同じ国の中に、今ある美しい自然を守るために、こんな細やかに分別して「資源にする」仕組みを作る町があるということは、誇れることではないでしょうか。


今やごみ問題というのは、生活の中でちょっと受け身で対処していれば良いということではない。地球を大切にするアクションと同義なのだ! と改めて強く思いました。あまり積極的に取り組んでこなかった、一見地味に思えた「ごみ捨て」の作業が、実は地球を愛する現代の勇者の行為かもしれない・・・とさえ思えてきてしまいました。


そこで私も今できることをしてみよう、と手始めに地元のごみ分別アプリをスマートフォンにインストールしました。

「家庭ごみの分け方・出し方」をタップすると主なごみの出し方や分別の仕方を教えてくれるアイコンがあります。

分別の仕方が分からなければ、検索して調べる辞書機能や、AIとのチャット風検索機能もあります。なかなか優秀!

住所で収集曜日が分かる機能も付いています。筆者はこの機能が一番助かりました。

これを使えば、『電池』は燃やすごみの日に半透明の袋に入れて出すことがばっちり分かるばかりでなく、『傘』といった、金属なのか燃えるごみなのかプラごみなのかがよくわからない、難易度の高いごみの捨て方もすぐわかります。(ちなみに傘は金属製の骨組みと布部分を分け、布は燃やすごみ(または材質によっては)プラごみへ、骨組みは30cm以下なら『小さな金属』としてビン・缶の日に出すことができます)


こうしたごみの分別、出し方はそれぞれの地方自治体によって異なります。

今は「自分の居住地域名 ごみ」「ごみ アプリ」といったキーワードでインターネットを検索すると、地方自治体のごみの担当局のホームページやゴミ分別・出し方のアプリが出てくると思います。

ごみスケ」という地方自治体にごみの分別アプリを作っているサイトもありますので、その中にアプリがあるか調べてみましょう。


自分の住んでいる地域の自治体が分別ルールがたくさんあるようなら、循環型の社会を作る素晴らしい地域の一員として、面倒くさがらずそれを積極的に活用し、ごみを資源として再利用できるようにしていきましょう。

もし、あまり分別ルールがない地域にいるとしたら、下記のサービスを活用し、なるべくごみを出さない工夫をしてみてはいかがでしょうか?


●牛乳などの紙パック、食品トレー、アルミ缶、ペットボトル ⇒ 各スーパーの回収ボックスでリサイクル

ご自分でよく利用する地元のスーパーマーケットをチェックしてみましょう!

 イオン

 セブン&アイ

 西友

 ダイエー

 生活協同組合ユーコープ


●ペットボトルキャップ ⇒ ワクチンに変える

●インクカートリッジ ⇒ 販売会社でリユース

●生ごみ ⇒ 堆肥にして土に戻す


まだまだ探せばリサイクルのコツはたくさんあると思います。

ぜひ皆さんで探してみてください。

*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆

☆「マイ Go! Green」では皆さんの環境を守るための取り組みを募集しています。個人で行っている環境に優しい行いをこちらまでお寄せ下さい。(写真がある場合の送り先は、別途ご連絡いたします)

☆環境保護に繋がりそうな行動をしたら、自分のSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタ等)にアップして世界中の人に環境保護の輪を広げましょう!

そのときのハッシュタグは以下のものをコピペして使用すると、多くの人に発信して繋がれます。

#servetheplanet #protecttheplanet #goグリーン #環境保護 #自然保護

☆7月25日~26日にインドで行われる「ゴー!グリーン大会2018」に参加しませんか? 参加要項はこちらです。

0コメント

  • 1000 / 1000