マイ Go! Green パート17

ひとりからでも出来る環境保護活動の提案として、1~2日に1つずつご紹介しています。

今日のマイ Go! Green

☆使い切れない食料品や着ることのない服など無駄な買い物をせず、大量消費をしない☆


●食品ロスを避ける ~ コスパにつられて大量買いをしない

食品は一度にたくさん買ったほうが安いから、とか、送料を無料にしたいから、という理由で、一度に大量に購入して、結局、賞味期限内に食べきれず・・・といった経験はありませんか?

あるいは、特に、インド系、中華系の調味料は、普通のサイズを買っても、賞味期限内にはなかなか使い切れない・・・といった経験ありませんか?

余りそうだなとわかったら、早めに、友人・知人・親戚・ご近所・社会奉仕団体などにおすそ分けしましょう。たとえコスパがよくなくても、食べられるかどうか考えて、自分で消費できる分だけ買いましょう。


あるいは、未開封で賞味期限内の食品なら、フードバンク(企業や団体)やフードドライブ(個人)を利用することもできます。お住まいの地域のNPOや、地方自治体の活動を利用して、食品ロスを減らしましょう。

東京都環境局 フードバンク活動の推進

フードドライブ 🔍 で検索すると、地域のNPOや行政サービスを見つけることができます。

サティヤ サイ ババの言葉

『お金の誤用は大きな悪です。男性であっても、無用な物、不必要な物への出費を抑えて、やりくりすべきです。お金は神の具現(ダイヴァスワルーパム)です。財貨について言うなら、守銭奴にならないよう、あるいは、金遣いが荒くならないよう、注意すべきです』

1983年1月19日の講話

 

●ファストファッションを考える

生涯収入が減少しているのに、驚異的に寿命が伸びている日本社会。日々の生活費を減らしていかないと、将来生活できないのでは・・・という不安を多くの人が抱えています。衣食住のなかで最も減らすことができるのは、「衣」ですね。今、日本で購入される衣料品の50%近くは、ファストファッションだといわれています。


安いので手軽にすぐ手に入る、ファストファッションですが、安いものには訳があり、また、落とし穴もあります。ファストファッションは、生産コストを抑えるために農薬を大量に使って綿を育てることによる環境汚染や労働者への影響、石油から作る化学繊維工場の排煙や化学染料の廃液の問題など、生産国となっているアジアの国々で新たな環境問題を引き起こしています。また、長時間労働の低賃金というブラックな環境で従業員を働かせている企業も多くあります。雇用を提供できるのは良いことですが、従業員を悪環境で働かせるのは問題ですね。


お財布にやさしいからといって、シーズンごとにファストファッションを何枚も買って、数回着て飽きてしまったら、フリマやオークションで売るか、捨てるかすればいい、という考えは避け、たとえファストファッションでも、高価な衣料でも、一つひとつの服を大切に扱うようにしましょう。

また、環境問題や労働問題を考慮して、服を選ぶ時には、可能な限り、あるいは、思い切って、オーガニックコットンやオーガニックリネン(麻)のものを選択したり、ブラックでない企業や、毛皮製品を使わない企業のものを選ぶようにしましょう。

加えて、フリマやオークションで売買されているUsed品(中古品)に関しても、注意が必要です。人が使った品、着用した衣類には、その人の想念が染みついています。サイ ババの講話に、盗み癖のある人の作った料理を食べて、ものを盗みたくなった人の話や、聖者の御足を触ることによって、神聖なエネルギーが触った人に伝わるという話がありますね。身に着けるものもそれと同じことが起こります。


サティヤ サイ ババの言葉

『女子学生と女性教師は、自分の服装、動作、笑顔、振る舞いによって若い男性の目と舌を引きつけないよう、つねに警戒していなければいけません。少し流行遅れでいなさい。気にすることはありません。そのほうが、この国とこの国の文化の伝統と慣習を破るようなファッションをするよりいいのです』

1975年7月25日の講話


『女性は大抵、店に入ったりディスプレイを見たりすると、自分のワードローブに何枚でもサリーを加えたくなってしまいます。サリーは適当な数を揃えておけばよいのであって、自己顕示のために大量に収集すべきではありません』

1983年1月19日の講話

*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆

☆「マイ Go! Green」では皆さんの環境を守るための取り組みを募集しています。個人で行っている環境に優しい行いをこちらまでお寄せ下さい。(写真がある場合の送り先は、別途ご連絡いたします)

☆環境保護に繋がりそうな行動をしたら、自分のSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタ等)にアップして世界中の人に環境保護の輪を広げましょう!

そのときのハッシュタグは以下のものをコピペして使用すると、多くの人に発信して繋がれます。

#servetheplanet #protecttheplanet #goグリーン #環境保護 #自然保護

☆7月25日~26日にインドで行われる「ゴー!グリーン大会2018」に参加しませんか? 参加要項はこちらです。

0コメント

  • 1000 / 1000