マイ Go! Green パート16

ひとりからでも出来る環境保護活動の提案として、1~2日に1つずつご紹介しています。

今日のマイ Go! Green

☆「使い捨て」のものや、必要でないものを買わない。車・自転車や持ち物など、シェアできるものは社会でシェアしよう☆

個包装の食べ物や飲み物、紙やプラスチックを大量に使った食器、衛生用品、買い物をする際のレジ袋やラッピング、定期的な買い替えを迫られる電子機器・・・

忙しい生活の中で「便利さ」「手軽さ」「清潔」などのキーワードがいつの間にか私たちの生活の中で当たり前のものとなってしまい、大量のごみが出されるようになりました。


私たちの生活を振り返ってみると、コンビニエンスストアに行くと商品はレジ袋に入れられ、コーヒーやお水、お弁当を買うとプラスチックや紙容器、ペットボトルにパックされ、レストランやファーストフード店ではお手ふきが出され、スーパーや洋品店では多くの商品がビニール袋に入って提供されます。

商品を買うとその商品を運ぶための容器や包装も使っており、手軽さや便利さと引き換えに、いつの間にか私たちは沢山のごみを作り出す大量生産・大量消費・大量廃棄型のライフスタイルに慣れてしまいました。


便利になるのはありがたいことですが、その代償として日本では1人当たり925グラムもの生活ごみが毎日出ているのです。

このごみを燃やすために地球温暖化の原因となる二酸化炭素や様々な化学物質で空気を汚染することになります。

止めることができない経済活動の中で、不要な物やごみを減らすためにはどうしたらいいでしょうか?


Reduce(リデュース:減らす)

Reuse(リユース:再利用)

Recycle(リサイクル:再生利用)

この「3R」と言われる3つの言葉を私たちが意識的に実践していくことがキーワードになります。

ものを買う時はよく識別して、一見便利な使い捨ての商品を選んで使うことは、できるだけ減らしていきたいものですね。


買うというアクションの前に一拍置いて、「本当にこれが必要か」を吟味してよく考えれば「大体のものはなくても何とかなる」ことに気づくでしょう。

また、買わなければ「便利でない生活もまたいい」ということに気づくかもしれません。

要らないものを増やして、その度に「断捨離」や「片付け」をし続ける生活は、費やす時間やエネルギーを考えても、大変効率が悪いものです。


シンプルな暮らしを楽しむために、今の生活で要らないものを思い切ってリサイクルショップやフリマサイトなどに出し、他の人にシェアして、すっきりさせてみてはいかがでしょうか?

シェアされたものも、別の人に役立ってもらえて喜ぶでしょう。また、不用品を減らしていくと、生活の中にいつもと違う風景、違う暮らし方、違う意識が広がるかもしれませんね。


まずはこの週末に「持ってはいるけれど、あまり活用していない持ち物」からシェア始めてみませんか?

*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆*+:。.。 。.。:+*★*+:。.。 。.。:+*☆

☆「マイ Go! Green」では皆さんの環境を守るための取り組みを募集しています。個人で行っている環境に優しい行いをこちらまでお寄せ下さい。(写真がある場合の送り先は、別途ご連絡いたします)

☆環境保護に繋がりそうな行動をしたら、自分のSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタ等)にアップして世界中の人に環境保護の輪を広げましょう!

そのときのハッシュタグは以下のものをコピペして使用すると、多くの人に発信して繋がれます。

#servetheplanet #protecttheplanet #goグリーン #環境保護 #自然保護

☆7月25日~26日にインドで行われる「ゴー!グリーン大会2018」に参加しませんか? 参加要項はこちらです。

0コメント

  • 1000 / 1000